お風呂・給湯編

ガスを安全に使うには

 このページを印刷する

風呂がま

冠水・空焚きに注意

画像:排水溝の目詰まりに注意 風呂がまなどは、水につかると故障や事故の原因となります。機器が冠水しないために、排水口が詰まらないよう、こまめに掃除してください。
また、空焚きは火災や故障の原因となりますので、十分ご注意ください。

煙突式の風呂がまは時々点検を

画像:煙突式の風呂がまは時々点検を(1)煙突がグラついていないか。
(2)煙突に鳥が巣を作っていないか。
(3)強風や大雪の後、煙突が外れていないか。
(4)煙突に穴があいていないか。
(5)給気口、換気口がふさがれていないか。
(6)排気ガスがあふれていないか。
(7)使用中イヤなニオイがしないか。

煙突式の風呂がまでお風呂を使用しているときは換気扇を回さない

お風呂を沸かしているときやシャワーを使っているときに、台所の換気扇などを使用すると、風呂がまの排気が浴室内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こす場合があります。

画像:煙突式の風呂がまでお風呂を使用しているときは換気扇を回さない

ページ先頭へ

お風呂・給湯器

給気口・換気口はふさがない

画像:給気口・換気口はふさがない 給気口・換気口がふさがっていると、新鮮な空気が不足し、異常燃焼による一酸化炭素中毒につながる場合があります。物を置いたり、寒いからといってふさがないでください。

隠蔽(いんぺい)部の煙突にご注意

画像:隠蔽部の煙突にご注意天井裏などの隠蔽(いんぺい)部に煙突がある場合は、次の点にご注意ください。
(1)煙突の外れ、断熱材のシミや穴あき。
(2)点検口がない場合は設置をお願いします。

屋外設置式・密閉燃焼式機器の注意点

画像:屋外設置式・密閉燃焼式機器の注意点屋外で給気と排気を行うタイプのガス機器でも、窓や換気口等から排気が室内に流入し、不快なニオイがしたり気分が悪くなるおそれがありますので、使用中は付近の窓を必ず閉めてください。
機器の排気口周辺がススけていたり、機器使用中に気分が悪くなった場合は、不完全燃焼しているおそれがあります。ただちに使用を中止してください。

屋外設置式・密閉燃焼式機器の排気口を囲わない

画像:屋外設置式・密閉燃焼式機器の排気口を囲わない屋外設置式機器を波板などで囲むと、新鮮な空気が不足して不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒や死亡事故、機器の故障につながる場合があります。
また、増改築工事などで煙突を取り外したり、給排気設備をシートなどで覆ったりした場合は、ガス機器を使用しないでください。

代表的な、安全型機器の設置イメージ

画像:屋外設置式 画像:密閉式(強制給排気) 画像:密閉式(風呂がま)
機器を屋外に設置することにより、煙突などの給排気設備は必要なく、最も安全な機器です。 ファンの力で空気を屋外から取り入れ、排気も強制的に屋外へ排出します。 空気を屋外から入れ、排気も屋外へ排出するため、屋内の空気を使わず安全な機器です。

ガス機器の設置・改善は、資格のある専門業者に依頼しましょう

  • 屋内にあるガス風呂がまや湯沸器等は、法令により適正な給排気設備の設置が義務付けられています。給排気設備に不備があると、一酸化炭素中毒を起こすおそれがあり、大変危険です。
  • ガス風呂がまや湯沸器等を屋内に設置するには、国で定められた資格『ガス消費機器設置工事監督者』が必要です。よく確認して工事を依頼しましょう。
    ※仙台市ガス局公認店での工事をおすすめします。

ページ先頭へ

長期使用製品安全点検制度について

平成21年4月1日以降に特定保守製品をご購入のお客さまへ重要なお知らせです。
製品が古くなると、部品が劣化(経年劣化)し、火災や死亡事故を起こすおそれがあります。「長期使用製品安全点検制度」では、メーカーなどに所有者登録することで、適切な時期に点検通知が届きます。点検を受けて安全に使用しましょう(点検には料金がかかります)。

都市ガス用の特定保守製品とは

屋内に設置されているガス瞬間湯沸器及びガスバーナー付き風呂がまが対象となります。
※特定保守製品には、機器本体またはリモコンに「特定保守製品」と表示されています。
画像:都市ガス用の特定保守製品

特定保守製品を購入されたら

  1. 機器に付属されている所有者票に記入し、メーカーに返送して「所有者登録」を行います。
    ※販売者、施工者に返送を依頼していただいても結構です。
  2. 点検時期が来たら、通知が届きます。
  3. 点検(有償)を依頼します。
  4. 点検を受けます。(点検結果に基づき、修理等を行う場合は別途費用がかかります)
画像:特定保守製品を購入されたら

※所有者登録していただいた場合、点検期間の前にメーカーから点検通知があります。対象機器を所有する方には、製品の保守の責務がありますので、点検(有償)を受けていただくようお願いします。
※平成21年4月以前に購入された特定保守製品も点検が可能です。詳しくは、各製造メーカーにお問い合わせください。
※消費者生活用製品安全法についての詳細は、経済産業省のホームページをご確認ください。

ページ先頭へ

お客さま窓口
ガス局営業窓口
ガス局ショールーム ガスサロン
ガス機器取扱店
ガス工事店
新築をご検討の方
リフォームをご検討の方

ガスのおはなし

Kids