安全対策

安全対策

 このページを印刷する

仙台市ガス局では、地震・災害が発生した場合にも、お客さまへの影響を最小限にとどめるため、さまざまな対策を行っています。

設備(予防)対策 ~地震に強い設備で被害を予防します~

津波に強い「港工場」

写真:気化設備LNGを気体に戻す気化設備をはじめとする多くの製造設備のかさ上げや高所移設による冠水防止、重要設備建屋の密閉度向上や構造強化による浸水防止、出荷用LNG配管の基礎強化による流失防止など、津波による被害への対策を徹底しています。

耐震性の高い「ガス導管」

写真:ガス導管地震の影響を考慮し、高い圧力のガスを送る中圧管は、強度の高い鋼管と耐震性の高い溶接継手を使用しています。低圧導管については、耐震性・耐腐食性に優れたポリエチレン管を使用しています。東日本大震災では、ポリエチレン管の損傷はなく、改めてポリエチレン管の耐震性が実証されました。

大地震にも強い、「球形ガスホルダー」を設置

写真:球形ガスホルダー 供給区域内に8基ある「球形ガスホルダー」は、地質調査に基づいた耐震設計を行い、強固な地盤に基礎を設置するなど、大地震にも耐えられるよう設計・施工しており、風などの影響を受けにくく、貯めているガスの圧力を均等に分散する球形を採用しています。

ページ先頭へ

緊急対策 ~地震の際の被害を最小限に防ぎます~

緊急時ガス受け入れ設備(バックアップステーション)の設置

津波の影響を受けなかった内陸側に、「緊急時ガス受入設備(バックアップステーション)」を設置しました。これにより、万が一の際にも、ガスを止めることなくお客さまにお届けすることができるようになり、安心してガスをお使いいただけます。 

 写真:増設した受け入れ地点    写真:緊急時ガス受入設備

導管網のブロック化

地震が起きた際、火災や爆発などの二次災害を未然に防ぐため、被害の大きいエリアだけガスを止め、被害のない地域にはそのままガスを使うことができるよう、導管網を12のブロックに分割し、ガスを止める地域をできるだけ限定します。

地震計の設置

写真:地震計の設置 12ブロックの全てに地震計を設置しています。計測した地震データや圧力情報などは幸町のコントロール室に送られ、ガス供給監視システムにより遠隔で常時監視・遮断操作ができるので、迅速な対応が可能です。


緊急時の動員体制

震度4以上の地震の際には、休日や夜間でも職員が出動する態勢を整えています。

ページ先頭へ

復旧対策 ~ガスの早期復旧に全力を尽くします~

ブロックの細分化

二次災害を防ぐためガスを止めた場合、効率的に復旧作業を行うために、停止したブロックをさらに細分化し、復旧が終わった地区からガスの使用を再開することで、復旧日数の短縮化を図ります。
お客さまのブロックは、「ガスご使用量のお知らせ」で確認できます。

都市ガス事業者の救援体制

被害が甚大で復旧作業に多大な時間がかかる場合を想定し、全国ガス事業者による相互応援体制も確立しています。東日本大震災では、一般社団法人日本ガス協会をはじめ、北海道から九州まで全国の都市ガス事業者49事業者、延べ約72,000人の応援をいただきました。

ページ先頭へ