平成29年3月31日  ガス局職員を装った悪質な行為にご注意ください

ガス局からのお知らせ

 このページを印刷する

ガス局職員を装った悪質な行為にご注意ください

ガス局職員を装い、ガスメーターの交換を持ちかける行為があったという情報が市民の方から寄せられました。
ガス局では、突然お伺いしてガスメーターの交換を持ちかけるといったことは行っておりません。不審な訪問や電話、請求などには、その場ですぐに対応せず、ガス局にお問い合わせください。また、最寄りの警察署にも情報をお寄せください。

1 ガス局に寄せられた情報の概要

・平成29年3月30日(月)午後5時頃、宮城野区平成にお住まいの男性宅へ、ガス局職員を名乗る紺色の作業着を着用した(30代と見られる)男性1名が訪問した。
・男性は、「月々のガス料金が5千円以内の場合、夜型の料金プランに替えると料金が安くなる。また、ガスメーターをデジタルのものに交換すると地震に強くなる。午後6時半頃別の者が説明に来る。」と言って立ち去ったが、その後説明に来ることはなかった。

2 お客さまにご注意いただきたいこと

(1)ガス局では、突然お伺いしたり、電話をしたりして、代金を請求することはありません。また、地震に強いデジタル化されたガスメーターはありません。
(2)ガス料金の集金員は、身分証を胸に掲示しています。
(3)不審に思った場合は、ガス局(フリーアクセス0800-800-8977)または仙台市消費生活センター(電話268-7867)へご相談ください。

ページ先頭へ