東北福祉大学エネルギーセンター 様

設置事例

 このページを印刷する

  • 写真:東北福祉大学エネルギーセンター
  • 写真:東北福祉大学エネルギーセンター
  • 写真:東北福祉大学エネルギーセンター

所在地:仙台市青葉区国見ヶ丘六丁目149-1
建物用途:学校

導入機器・システム

  • GHP(ガスヒーポン)
  • ナチュラルチラー(ガス吸収冷温水機)
  • ガスコージェネレーション
  • 業務用ガス給湯器
  • ガスボイラー
  • 業務用ガス厨房・涼しい厨房

ガスコージェネレーション

ガスエンジン 350.0kW×2台
リン酸型燃料電池 100.0kW×1台

東北福祉大学エネルギーセンターはNEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公募した「新電力ネットワークシステム実証研究 品質別電力供給システム実証研究」を行うために設置したもので、分散型電源が大量に電力の系統に接続された場合における電力品質維持の技術開発などを目的に実施しました。
実証研究終了後も継続して施設を活用しており、一括受電を行うことによる契約デマンド削減、分散型電源と夜間電力との組み合わせ、発電時の排熱の有効利用(冷暖房、給湯)などによる省コスト・省エネに加えて環境負荷の低減(省CO2など)も実現し、経済的にも環境面においてもやさしい施設となっています。

詳しくは、 東北福祉大学エネルギーセンターホームページ
https://www.tfu.ac.jp/facilities/energy.html
※「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)2015」を受賞しました。
一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会ホームページ
http://www.resilience-jp.org/20150315130000/
 

ページ先頭へ

ページ先頭へ