天然ガス自動車

天然ガス自動車

 このページを印刷する

地球環境保全に貢献

写真:天然ガス自動車とディーゼル車天然ガス自動車は、地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)の排出量がガソリン車やディーゼル車に比べ2~3割削減でき、光化学スモッグ・酸性雨などの環境汚染の原因となるCO(一酸化炭素)やNOx(窒素酸化物)、HC(炭化水素)の排出量がガソリン車やディーゼル車に比べ4~6割低減できます。また、黒煙やSOx(硫黄酸化物)を排出しません。


図:走行時のCO2排出量比率

ページ先頭へ

豊富なラインアップ

天然ガス自動車の車種は豊富であり、フォークリフト・軽自動車・乗用車・バン・配送トラック・塵芥車・バスなど、ディーゼル車やガソリン車の代替車として、実用車のあらゆる分野において活躍中です。また、ガソリン、天然ガスどちらの燃料でも走行可能な車種もあり、天然ガススタンドが近くにない地域でも安心してお使いいただけます。

車両カタログはこちら(日本ガス協会ホームページへ)

写真:豊富なラインナップ

ページ先頭へ

天然ガス自動車の構造

天然ガス自動車の構造は、ガソリン車、ディーゼル車などとほぼ同じで、異なるのは燃料系統だけです。燃料である天然ガスは、高圧(20MPa)に圧縮され、自動車に搭載されたガス容器に充填されます。

画像:CNG自動車の構造

ページ先頭へ

天然ガス自動車の安全性

圧縮天然ガス自動車の安全性は各種実験(追突テスト等)により実証されています。

  • 燃料容器は十分な強度を持つように設計されています。
  • 燃焼供給系統に使われる部品は厳しい規格に適合したものを使用しています。
  • 万一洩れた場合でも天然ガスは(空気より軽いため)すぐに拡散し、着火しません。

ページ先頭へ