砂糖を火にかけてみよう!~べっこうあめを作る~

クッキングレシピ

 このページを印刷する

砂糖を火にかけてみよう!~べっこうあめを作る~

  • 調理タイマー機能
  • グリル
  • 炊飯機能
  • 揚げ物温度調節機能
  • ダッチオーブン
  • ガスオーブン

準備するもの

【材料】(アルミカップ5~6個分)
砂糖 100g
大さじ2
【調理器具】
片手なべ 小さめのもの
バット
アルミカップ 5~6枚
計量スプーン 大さじ
ゴムベラ
はかり
つまようじ 5~6本

べっこうあめを作り、砂糖を火にかけたときの変化について調べましょう!

めあて

べっこうあめを作り、砂糖を火にかけたとき、色や状態がどのように変化するか調べる。

作り方

  1. なべに砂糖を入れ、よくかき混ぜる。
  2. なべを火にかけて、ふっとうさせる。※なべをかき混ぜないのがポイントです。
    砂糖水があめ色(茶色)に変化したら、火をとめる。
    recipe970 m③.jpg
  3. アルミカップにすばやく流しいれる。
    ※つまようじで持ち手をつけるときは、アルミカップをずらして、あめの上につまようじを乗せてください。
    ※あめはとても熱くなります。冷めるまで素手でさわらないようにしましょう。
    recipe970 m④.JPG
  4. あめが冷えたら、アルミカップをはがしてできあがり。
    recipe970 m①.jpg

まとめ
~砂糖を火にかけると、どのような変化があるか~
①砂糖の色
・火にかける前の色はでしたが、火にかけたあとは、あめ色(茶色)に変化しました。
②砂糖の状態
・火にかけたときは、液体でどろどろとしていましたが、冷やすと固体になり、さわると固くなりました。

ワークシートを使って、一緒にべっこうあめを作ってみよう!
砂糖を火にかけてみよう!ワークシート(PDF 272KB)


無断転用禁止:仙台市ガス局



ページ先頭へ

お客さま窓口
ガス局営業窓口
ガス局ショールーム ガスサロン
ガス機器取扱店
ガス工事店
新築をご検討の方
リフォームをご検討の方

ガスのおはなし

Kids