砂糖の結晶を作ろう!~琥珀糖を作る~

クッキングレシピ

 このページを印刷する

砂糖の結晶を作ろう!~琥珀糖を作る~

  • 調理タイマー機能
  • グリル
  • 炊飯機能
  • 揚げ物温度調節機能
  • ダッチオーブン
  • ガスオーブン

準備するもの

【材料】(作りやすい分量)
粉寒天 5g
グラニュー糖 300g
200cc
食用色素 てきぎ
【調理器具】
片手なべ 小さめのもの
あわ立て器
計量カップ
ゴムベラ
はかり
四角い容器 寒天流し、バット
タッパーなど
オーブンシート
ボウル 小さめのもの
竹ぐし
包丁
まな板
バットまたはラップ
消毒液
ザル 大きめのもの

日本に古くから伝わる和菓子、琥珀糖(こはくとう)を作り、水にとけた砂糖をかわかした時の変化を調べましょう!

めあて

砂糖水をかわかすと、にとけていた砂糖はどうなるか調べる。

作り方

  1. 四角い容器にオーブンシートをしいておく。
    食用色素は、小さじ1の水で好みの色になるまでといて、色水を作っておく。
    recipe986⑫m.JPG
  2. なべに粉寒天を入れる。
    あわ立て器で混ぜながら、水を少しずつ入れる。
    recipe986②m.JPG
  3. なべを中火にかける。ふっとうさせて、そこから2分にる。
    recipe986④m.JPG
  4. グラニュー糖を入れる。
    ゴムベラを持ち上げたとき、液体が糸のようにとろりと持ち上がるまで弱火で煮つめる。
    ※ふきこぼれないように注意しましょう。
    液体がもこもこと泡立ってきたら、火加減を一番弱くしましょう。それでもふきこぼれそうなときは、なべを持ち上げて火から遠ざけてください。
    recipe986⑤m.JPG recipe986⑥m.JPG
  5. 四角い容器に4を流しいれる。
    用意しておいた色水を少しずつ加えて、竹ぐしでかき混ぜて色付けをする。
    ※少し固まってから色をつけると、きれいなマーブルもようをつけることができます。
    recipe986⑦m.JPG
  6. 容器が手でさわれる温度まで冷えたら、冷蔵庫に入れて1時間冷やす。
  7. 冷えたら、中身を四角い容器から出して、食べやすい大きさに切る。
    ※手でちぎると、表面が宝石のようにきらきらします。ちぎりやすいように、一度包丁で大きめに切ってください。
    手をきれいに洗ってから行いましょう。
    recipe986⑨m.JPG recipe986⑪m.JPG
    手でちぎらず、包丁で四角く切ってもきれいな仕上がりになります。
    recipe986⑩m.JPG
  8. 消毒をしたバットやラップの上に7を置き、冷蔵庫や風通しのよい日かげで1週間ほどかわかす。
    かわかすときは、ザルをさかさにしてかぶせておく。
    表面がかわいて白くなり、固くなったらできあがり。
    recipe986①m.jpg

琥珀糖ができるまで

かわかしている間に、色や見た目がどのように変化するか、調べてみましょう!
ワークシートに記入してみよう!
砂糖の結晶を作ろう!ワークシート(PDF)

結果

・かわかす前と後で、琥珀糖の色はどのように変化しましたか?
かわかす前はすきとおった色をしていましたが、かわかした後は、表面が白っぽくなりました。
・かわかす前と後で、さわった感じはどのように変化しましたか?
かわかす前は、やわらかく、さわるとべたべたしていましたが、かわかした後は、固く、べたべたしなくなりました。

recipe986⑪m.JPG  recipe986①m.jpg

まとめ

~水にとけた砂糖をかわかすとどうなるかな?~
水にとけた砂糖を数日間かわかしたことで、表面の水分が蒸発し、砂糖だけが残って結晶になりました。
その結果、色は白く、さわると固く変化しました。

ワークシートを使って、一緒に琥珀糖を作ってみよう!
砂糖の結晶を作ろう!ワークシート(PDF 367KB)

無断転用禁止:仙台市ガス局



ページ先頭へ

お客さま窓口
ガス局営業窓口
ガス局ショールーム ガスサロン
ガス機器取扱店
ガス工事店
新築をご検討の方
リフォームをご検討の方

ガスのおはなし

Kids