塩で水分の温度を下げてみよう!~アイスを作る~

クッキングレシピ

 このページを印刷する

塩で水分の温度を下げてみよう!~アイスを作る~

  • 調理タイマー機能
  • グリル
  • 炊飯機能
  • 揚げ物温度調節機能
  • ダッチオーブン
  • ガスオーブン

準備するもの

【材料】(2人分)
牛乳 150cc
砂糖 25~30g
生クリーム 100cc
600g
150g
【調理器具】
軽量カップ
軽量スプーン 大さじ
はかり
チャック付きのふくろ 小さいサイズ
大きいサイズ各1枚
フェイスタオル

冷凍庫を使わず、楽しくアイスをつくってみましょう!

めあて

アイスを作るうえで、のはたらきについて学ぶ。

作り方

  1. 小さいふくろに牛乳、砂糖、生クリームを入れ、チャックを閉じる。
  2. 大きいふくろに氷を入れる。
  3. 大きいふくろの中に、小さいふくろを入れる。
    recipe973 m③.JPG
  4. ふくろの上からフェイスタオルを巻いて、2~3分間もむ。
    recipe973 m④.JPG
  5. 大きいふくろから、小さいふくろを取り出す。
    recipe973追加②.jpg
    小さいふくろの中身は固まったかな?まだ液体のままですね。
  6. 大きいふくろに入っている氷を新しいものと交換し、を入れる。
    recipe973追加③.jpg つどい顔5.png
  7. 大きいふくろのチャックをとじて、塩が氷全体にかかるようによく振る。
  8. 大きいふくろの中に、もう一度小さいふくろを入れる。
  9. ふくろの上からフェイスタオルを巻いて、5分間もむ。
  10. 大きいふくろから、小さいふくろを取り出す。
    今度は固まっているかな?
    recipe973追加⑤.jpg
    小さいふくろの中身が固まり、アイスになっています。

まとめ

~どうしてアイスができたのかな?~
塩は、水の氷点(水が凍り始める温度)を下げるはたらきがある。
そのため、氷に塩をかけると、氷点が下がって氷がはやくとける。
また、氷は、とけるときにまわりの温度を下げるはたらきがある。

今回の実験では、大きいふくろの中の氷にをかけたことで、氷の温度が急激に下がった。
その結果、小さいふくろの中に入っている液体が固まってアイスになった。

ワークシートを使って、一緒にアイスを作ってみよう!
塩で水分の温度を下げてみよう!ワークシート(PDF 372KB)

無断転用禁止:仙台市ガス局

ページ先頭へ

お客さま窓口
ガス局営業窓口
ガス局ショールーム ガスサロン
ガス機器取扱店
ガス工事店
新築をご検討の方
リフォームをご検討の方

ガスのおはなし

Kids