2021.12.23 ガス給湯器の凍結にご注意ください(更新)

ガス局からのお知らせ

 このページを印刷する

現在、新型コロナウイルスの感染拡大等の影響により、世界的に電子部品の供給が不足しており、ガス給湯器を交換する場合、納品に大幅な遅れが生じています。また、故障内容によっては、即時の修理対応が困難な場合もございますので、冬期間におけるガス給湯器の凍結による故障等には特にご注意ください。

この時期、気温が氷点下前後まで下がるとガス給湯器や、給水・給湯配管内の水が凍結してお湯が出なくなったり、給湯器や配管が破損することがあります。
冬の凍結トラブルを防ぎ、快適にガス給湯器をお使いいただくために以下の点にご留意ください。 
※気温以外にも風向きや日当たりなどの環境条件にも左右される場合があります。

1.ガス給湯器の電源プラグを抜かない。



給湯器には気温が凍結する温度に近くなると自動で凍結を予防するヒーターがついているものがあります。予防機能を作動させるために、給湯器の電源プラグは抜かないでください。
※上記の方法では、給水・給湯配管や風呂配管の凍結予防はできません。配管部の凍結予防には別途、保温材の取り付け等の措置が必要になります。

2.追い焚き機能付き給湯器の場合浴槽のお湯は全部捨てない。



追い焚き機能付きの給湯器には、風呂配管が凍結しないように気温が低下すると、凍結予防のため浴槽のお湯を循環させる機能がついているものがあります。
風呂配管の凍結を予防するために、浴槽の循環アダプター上部より「5cm以上」のお湯を残しておくようにしてください。 
※循環アダプター上部まで水がないと、循環ポンプが空運転凍結予防機能が働かず、給湯器から大きな音が発生する場合があります。
※BF風呂釜等には適しません。設置機種をご確認ください。

3.冷え込みが激しいときは、お湯の出る側の蛇口から少量の水を流す。



給水・給湯配管が凍結しないように、蛇口から出る水の太さが4mm程度になるようにして水を流したままにしてください。ただ、水道料はお客さまのご負担となりますので浴槽等で受けると経済的です。 
※給湯器が燃焼運転にならないように給湯器のリモコンのスイッチは必ず切ってください。 
※サーモスタット付やワンレバーの混合水栓の場合は、最高温度の位置にしてください。再度使用する場合は、やけど予防のために設定温度にご注意ください。

4.大寒波の時は給湯器本体の水抜きをする。



取扱説明書等をご覧になって、給湯器本体や給水・給湯配管の水抜きを行ってください。

お客さまがご使用されている機器の凍結予防の詳細については下記のメーカーサイトをご参照ください。
※下記以外のメーカーの給湯器をご使用のお客さまは別途検索してください。


リンナイ(https://rinnai.jp/rinnai_life/topics/freeze/)

ノーリツ(https://www.noritz.co.jp/aftersupport/disaster/cold_wave.html)

パロマ(https://www.paloma.co.jp/support/faq/category.php?cat01_id=3&cat02_id=5&cat03_id=26)

パーパス(https://www.purpose.co.jp/faq/category/2/5)

ページ先頭へ