施工箇所が点在する工事の間接費の積算の範囲拡大について

契約・発注情報

UPDATE:2012.12.17このページを印刷する

東日本大震災の復旧・復興工事を対象として、点在する工事施工箇所間の距離が100mmを超える工事を一つにまとめて発注する工事について、施工箇所ごとに間接工事費(共通仮設費、現場管理費)を算出することとしておりましたが、さらなる復旧・復興工事等の施工確保を図るため、次のとおり対象工事を拡大しました。

対象工事

仙台市ガス局が発注する工事で、点在する複数の工事箇所をまとめて発注する工事であること。
 ただし、当初発注時点において点在する工事施工箇所間の距離が100mを超える工事であること。
 なお、事前に工事箇所が確定しない工事(単価契約等)は除きます。
  (特記仕様書等に、本施行の対象工事であることが明示されている工事となります。)

適用条件

設計変更で工事施工箇所間の距離の増減があっても、当初発注時点の適用条件を変更しないものとします。

適用年月日

平成24年12月20日以降に、入札公告又は指名通知を行う工事

計算例イメージ

計算例イメージ図(PDF 53KB)

お問い合わせ先
総務部 技術センター  TEL:022-292-7528
総務部 契約原料課   TEL:022-292-7718

ページ先頭へ

ページ先頭へ

各様式 契約関係規程等 電子入札