令和6年7月のガス料金(業務用)について

新着情報

UPDATE:2024.05.31このページを印刷する

令和6年7月検針分に適用されるガス料金をお知らせします。
※国の支援による値引きは先月で終了しました。(詳しくはこちら)

・令和6年7月検針分のガス料金
令和6年7月検針分の都市ガス料金は、令和6年2月から令和6年4月までのLNG等の平均原料価格(貿易統計値)をもとに計算されます。
令和6年2月から令和6年4月の平均原料価格は94,490円/トンとなり、現行の98,480円/トンを下回ったため、令和6年7月検針分の都市ガス料金の調整額は、令和6年6月検針分と比べて1m3あたり3.43円(税込み)の引き下げとなります。
令和6年6月検針分は、政府の支援に伴う特別措置により、使用量1m3当たり7.5円(税込み)が値引きされておりましたが、令和6年6月検針分をもって政府の支援に伴う特別措置が終了したことから、令和6年7月検針分の従量料金単価は、令和6年6月検針分と比べて1m3あたり4.07円(税込み)の引き上げとなります。
なお、大口契約のお客さまにつきましては、担当課にご確認ください。

業務用ガス料金はこちら

ページ先頭へ